江夏豊の阪神時代の背番号は28・彼の理想は9イニングを81球でなくて27球で終わらせることであった

 江夏の21球江夏豊.彼の理想は一試合,9イニングを27球で終わることであった.何かの本で読んだ記憶がある.つまり一人一球で27個のアウトを取るということである.誰もが彼は奪三振数にこだわるのだから81球だと信じていたと思う.

 私は27球よりも28球が現実的だと思う.その意味は最初の一球だけものすごい球を投げ,これは初球から打つしかないと思わせるのである.そうすれば合計28球となる.28は完全数(perfect number)である.完全数とは自分自身を除く正の約数の和に等しくなる自然数である.完全数の最初の3個は 6 (= 1 + 2 + 3),28 (= 1 + 2 + 4 + 7 + 14),496 (= 1 + 2 + 4 + 8 + 16 + 31 + 62 + 124 + 248) である.6は天地創造の6日間の6,28は月の公転周期の28である.前者は地上,後者は天界における神の完全性を示している.

 バッタバッタと三振を取っていた阪神タイガース時代の江夏の背番号もまた28である.甲子園球場を支配していた.ふと小学生の頃を思い出した.

 

自転車をこぐことと人生について

私の人生はWith Bです.35億ではありません.

With BのBとは,私の好きなものと言いますか,フェボライト/カムフォータブル(Yazawa風)な以下のものです.

  • BaseballのB
  • Bike(自転車)のB
  • BookのB
  • Broadband(広帯域)のB
  • B級も楽しむのB(B級を楽しむにはA級を知るもマスト)
  • Boy/J. BoyのB(永遠の少年)

さて先週末,教え子の結婚式でスピーチをする機会がありました.

BikeのBにからめてこんな話をしました.他にも梅干し編,カレー編を用意していましたが,それはまたいずれかのときにとっておきます.


===
私の研究室の指導方針は,学生の趣味や特技に絡めて,語ることです.
新郎君は自転車に乗ります.そこで私が話していたこは,

  •  「自転車は漕いでいれば倒れない.どんな坂でも漕いでいればいつか乗り越えられる.」
  • 「ゴールだけをひたすら目指すのも悪くないが途中の風景を楽しむ」
  • 「自転車に乗る前に点検とご飯を.自転車にはガソリンは不要.好きなものでどこにでも行ける」

があります.研究を進めるコツも,自転車と同じで,

  • 「コンディショニングに留意する.毎日少しずつで良いから漕いでいたら遠くに行っている.途中を楽しむことも忘れずに」(「やりたいことを探す時間があるなら目の前のことをまずやってみる.そこから生まれることの方が多い.探そうとしてもやりたいことが見つかることは実はあまり期待できない」)

でした.彼は見事に実践し優秀な成績で修了することができました.

奥さんもまた自転車部に属していたことで,夫婦編/カップル編をお伝えしたいと思います.自転車のレースでは,前を走る人と,後ろを走る人が入れ替わりながら進んでいきます.先頭が風よけをし,後ろはエネルギーをためる.それを繰り返します.チームとして疲労を蓄積せず,チームの成績を良くするための知恵です.

これが夫婦関係の秘訣なのかもしれません.どうかお二人もあるときには旦那が,あるときは奥さんが前を走りながら,途中を楽しんで結婚生活をお過ごしください.
===

慶彦選手の盗塁術-「全体をぼんやり見る」と研究活動

1979年日本シリーズ,あの「江夏の21球」の場面でショートを守っていた選手は?
高橋慶彦さんです.彼をモチーフにして,村上龍さんは『走れ,タカハシ! (講談社文庫) 』という本を書いています.カープ不動の1番ショートで,今でいうところのイケメン選手でした(当時はイケメンという言葉は使われていませんでした).何度か盗塁王になっています.1979年日本シリーズMVPは江夏さんではなく慶彦選手でした.

彼について川口和久さんがWebコラム02で書いていました.

俺のメンタルを鍛えてくれた高橋慶彦さん/川口和久Webコラム02 - 野球:週刊ベースボールONLINE

俺がなるほどと思ったのは、盗塁の話。投手のクセを盗むというと、グラブの動きがとか、肩の動きがとか、すごくパーツを言うことが多いけど、慶彦さんは全体をぼんやり見ると言っていた。要はグラブだけ見たって分からないんだ。ぼんやりと言うのは考えずに見るという意味じゃなく、一カ所に集中し過ぎず、全体をバランスよく見るということだね。そうすると逆にけん制のときのグラブの動きの違いとかがはっきり分かるらしい。「そうなりゃ盗塁なんて簡単よ」と言ってたけど、これもまた一つの職人技、いや名人芸だね。

この慶彦選手の「全体をぼんやり見る」(一カ所に集中し過ぎず,全体をバランスよく見る),研究活動,とりわけ,論文をまとめるとき,研究の構想を練るとき,重要な感覚だと思います.俯瞰するということかな.

「上等!上等!」という台詞は,私の「最上のわざ」のひとつ

今年の春,神宮球場にて社会人野球をネット裏観戦した.春のうららかな日差しの中,のんびりとした空気が流れていた.これぞ草野球!という感じである.もちろん社会人野球なのでそのレベルは高い(プロ注目の選手もいたためスカウトが陣取っていた).


草野球につきもののの野球好きのおっさんもいた(私もおっさんだけど,おっさんでした).少し奇妙な出で立ちで,片手にはカップ酒ならぬ缶酎ハイ!たしか荷物検査で缶製品は没収だったはず.まあそこは大目に見ましょう.そのおっさんは両チームを応援していた.とはいえ,どんなプレーにも「上等!上等!」(2回連続がポイント)である.いい響きでした.

 

さて2018年5月12日の朝日新聞書評欄((書評)『ザビエルの夢を紡ぐ 近代宣教師たちの日本語文学』 郭南燕〈著〉)に下記の文章が書かれていた.

ホイヴェルスの「年をとるすべ」に収められた「この世の最上のわざは何?/楽しい心で年をとり、/働きたいけれども休み、/しゃべりたいけれども黙り、/失望しそうなときに希望し、/従順に、平静に、おのれの十字架をになう。」 

「上等!上等!」という台詞はとても気持ちがいい.私の流行語である.私の「最上のわざ」のひとつになりそうである.

青春と横棒

高校の国語の教科書をパラパラとめくっていると,

青春という字を書いて横線の多いことのみなぜか気になる

という 俵万智「サラダ記念日」)さんの作品に気がついた.

青という字には「三」がある.三という字の各線の長さを比較すると,一番上が中ぐらい,真ん中が短く,一番下は長い.これは若者があることに中ぐらいで挑戦して,やっぱり反省して挑戦をやめる.でもまた挑戦すると解釈できるのかなと感じる.青という字の「三」の中央には縦棒がある.これは右にも左にも自由に挑戦しなさいという意味であろうか.

青という字には「月」もある.月という字には縦棒が二本ある.この縦棒は何かの制限だろうか.だんだんと年を取ると何かに制限されるということを示唆しているのだろうか.

春という字の部首は日である.部首を除いた部分は「三」と「人」がある.人は縦棒ではなく,なんとなく斜めである.縦棒を斜めにしても良いんだよという感じがする.

青春という字の横棒の多さは,自由に挑戦するという特権を意味しているような気がしてきた.

IoTのTについて

言葉は思考を規定してしまう.我が国はComputerを計算機と和訳してしまいました.計算機という言葉からは計算だけする機械だと感じます.だからワードをアイディアプロセッサーとして使いこなせず,未だに清書の道具として使っているような気がします.またプログラミングは理系だけでするものだと未だに思われてしまっています.小中学校でプログラミングを教えるようになるので,しばらくすると理系だけでするものだという誤解は消えていって欲しいものです.

Computerを人工頭脳や電子頭脳,電脳と表現した国もあります.電脳という言葉からは脳だから何でもできそうな感じがします.我が国の先人が電脳と訳しておけば・・・,ちょっと違ってたかもしれません.同様なことでInnovationを技術革新と狭く訳した事例もあります.

ひるがえってIoT,もの/物のインターネットと訳されました.IoTのTはThings.これは辞書を引くと最初に物と出てくるからなんだと思います.ですが英語の観光ガイドには,この街でする事
 Things  to do in this are
の項目が必ず書かれています.Thingsの例文には下記のようなものもあります.
 There still left so many things to do.

英語ではどうもThingsは物とは違う感じです.有形の物だけでなく無形の物事,ひょっとすると森羅万象かもしれません.IoTのTは,英語の意味の広がりを意識して,広く考えておいた方がよいのだろうなと思います.
いまさら無理でしょうが,物事(含む物)のインターネット ぐらいの訳が良いのかもしれません.たぶん欧米や中華圏はThingsを広くとらえられるのだろうなと思います.我が国ではComputer,Innovationと同じ事が起きるのかなと考えちゃいます.

ですがこの時代に生きた一研究者としては,Tを大きく考えて,何でもありと思います.
つくずく「言葉の力」,「リベラルアーツ」ですね,また「言葉の力」を磨かないといけないと自省しています.今年からは研究室名も,リベラルアーツ(含む情報科学/情報学)研究室に変えようかなと思っています.

新語 2018 その1

教育研究をする組織の中では,あの人は政治家/政治屋だからとか,あの人は事務屋だからとか,という言葉を使う.前者は裏工作などが得意な人で・・・.後者は書類についてうるさい・・・.というネガティブな意味である.というわけで

ジムヤ

ジム夜ージムのナイト会員で夜にジムに行く人のこと.またその行為をする人のこと.

ジムチョウさん

ジム朝さん-早朝からジムに行く人のこと.またその行為をする人のこと.

 

私の夜の仕事はジムヤです.