読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「あそび」を大切に

『ゼロになる40代』から,『何でもできる50歳』へ を読んだ.. http://www.1101.com/haruaki_deguchi/index.html 

  「最低限度の生活」について話すときに「あそぶ」を入れると怒るというか,「けしからん!」みたいに言う人がいる.でも「あそぶ」やユーモアがなくしてしまったら‥‥.眉間にしわを寄せて考えるのと,「あそび」的に考えるのとでは,生まれるアイディアも違うような気がする.深刻にみえようが,「あそび」にみえようが,アウトプットに差がなければ後者の方が良いのではないだろうか.

 

「あそび」たいから,「あそび」のための時間を確保するために,仕事に工夫することが必要になる.「あそび」が好きな人ほど,仕事の仕方に工夫をするはずである.

 

程度の差はあれ私たち人間は「あそびが好きな怠け者」である.つまり,「くうねるところにすむところ」は「くうねるあそぶ」へ,「衣食足りて礼節を知る」は 「衣食『楽』足りて礼節を知る」というわけだ.

 

「来るのがイヤじゃない研究室」や「楽しいから,今日も研究室に行こう!」となるような研究室にしたいものだ.そのためには,ますます「あそび」や「あそび的発想」が大切になる時代になってきた.エンジョイ 研究!