読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会人基礎力とは:オリエンテーリング?

卒業式が近づいてきました.社会人基礎力について考えてみましょう.この定義は下記のURLにて確認できます.
http://www.meti.go.jp/policy/kisoryoku/

さて,人生は良く「マラソン」に例えられてきました.「マラソン」はスタートからゴールをつなぐ予め定められたコース(42.195km)を走る競技です.ですが,変化こそ日常の現在は「オリエンテーリング」ではないかと思います.

オリエンテーリング」は自然の中で,地図上に表示された目印の地点をたどっていき,ゴールまでのタイムを競う競技スポーツです.「マラソン」のように,予めコースは決められてはいません..各地点間はどのように経路で進んでもよく,より早いルートを自分で考えて進むところが,マラソン(自然の中なのでクロスカントリーかもしれません)とは違うところです.

オリエンテーリング」を勝ち抜くためには,マラソンと同様に走るための走力に加えて,あきらめない力も求められるでしょう.さらに,方位磁石や地図を的確に読み,自分の位置や目的地を考え,確認しながら走らなくてはなりません.時には地図が間違っていることもあるので,方位磁石だけに依存することもあるでしょう.また,雷雲の動きとかも読む必要がでてくることもあるでしょう.

どうも今の時代は,マランソンよりもオリエンテーリングを意識した方が良いのかもしれないです.元日本代表のオシムさんは“闇雲に走ればいいわけではありません.サッカーは走りながら考えるスポーツです.”と言っていました.これからは考えながらは走る時代なのかもしれません.日頃から考えながら走り,知力も体力も鍛えましょう.