読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卒修了生への挨拶 その1/3

今日は何度も聞いていると思いますが,卒業おめでとう.また,修了おめでとう.

今日から○○○○大学は君たちの「母校」になります.今,皆さんはこれで卒論や修論から解放される,これでアルバイトと学業とは両立しなくてよくなる.また,これで毎日何をしなくていいか考えなくていいと思っている人もいることでしょう.世間では卒修了すると社会人となり大変だよと言われることでしょう.ですが,大変なことばかりではないのです.

さて,母校の「母」は母です.母というのはお母さんの母の字です.母は優しいだけではダメで,君たちが社会で困らないように時には厳しくしつけなくてはいけません.先生たちは,だから卒業研究の時も,普段の講義でも,君たちのことを思って褒めたり叱ったりしてきたわけです.先生たちは答えを教えてくれなかったとか,難問ばかり出したとかで判断して,先生達のことを優しくないと思う人がいたとしたら,誤解です.先生達は君たちが困らないように考えていたのです.なあなあではいけないのです.

ここにいる学部4年生の皆さんの中には,2011年3月12日の後期日程試験を受験した人もいます.前日は3.11でした.その日,私は研究室にいました.研究室で揺れを感じて,いつもの“グラ”とは違う地震だな(後でその理由がわかりました)と思い,廊下に出ました.多くの先生も廊下に出ていました.その後,部屋に戻り仕事を続けていました. しばらくすると,管理部門に呼び出され,翌日の試験は計画通り実施することを確認しました(一部の大学では試験を延期するなどの処置がとられました).その際,管理部門の部屋でTVをみて,とんでもないことが起こっていると感じました.数日後には福島原発で水素爆発が起こりました.

こんな状況下で4月になり入学式が行われました.僕はオリエンテーションで,
『自調・自考・自行:大学での学習についてー最高の授業には最高の教員と最高の学生が必要だー 』というタイトルで話をしました.内容の概要は以下の10ポイントでした.

 

  1. ○○○○大学の英語表記は``○○ ○○ University''です.Universityが大学に対応し,その意味には``いくつかの学部が一つにまとまっている''(総合大学あるいは複合大学)という意味があります.
  2. その語源はuni- (一つに) + versus (ラテン語,回る,向く)=教授と学生の共同体
  3. 文部科学省の大学の定義:大学教育の目的は,(1)広く知識を授ける,(2)深く専門の学芸を教授研究する,(3)知的・道徳的・応用的能力を展開させる.
  4. 大学の暗黙のルール (unwritten rule / code)や常識(common sense):(1)教員も学生も自調自考をするところ,(2)自調自考は大学時代だけでなく,卒業・修了後にも大切な習慣になる.日本は大学生に対して教えないので,後で気がついて“しまった”とならないようにと.
  5. 「受動的な知識詰め込み型」/「受験勉強型の知識獲得」→自調自考/自調自考自行
  6. 大学ほど美しいものはない:(1)英国詩人John E. Masefield(1878-1967)が詠んだ「この地上において大学ほど美しいものはない」です.ケネディJFK)アメリカ大統領も演説で引用.(2)大学は「学びの場」でもあり「インテリジェンスランド」で,最近の日本で言われる「遊びの場=レジャーランド」ではなかったのです. 彼(ら)が大学ほど美しいものはないという言った理由は, 大学とは「無知を憎む人間が知識を得るために努力し,真実を見たものがそれを他に知らしめようと努力する場所」
  7. 高校と社会との間にある「自由」な場:(1)「自由」を楽しみ,「自由」に苦しむ.(2) 何を選択するか,しないかも本人の自由です.どれだけサボろうが,どれだけ学習しようが,自由なのです.ただし,サボった結果については,本人の責任.(3)「自由」は,何をするのかを主体的に決めることができない人にとっては苦痛でもあります.一方で,将来はこうしたいから,こんな大学生活を過ごしたいと考え実行できる自調自考自行な人にとっては,大学は最高の場所です.(4)「自由」をどう使うかが,学生生活の充実度の差になります.
  8. 「学生時代に力をいれたことは?」(通称ガクチカ)をつける場:(1) 面接試験の面接員は通常は企業の人事担当者で,人事担当者が必ず聞くこと.(2) 人事担当者は「大学生活が充実していた人は入社後も頑張るし,仕事を楽しむことができる」という経験値を持っているから,充実していたかどうかを確かめるために「学生時代に力をいれたことは?」という質問をします.(3)人事担当者は,ガクチカの回答により,面接者の価値観,意欲,思考回路,行動特性,打たれ強さ,成長する可能性を判断する.
  9. 最後の長期休暇:(1)就職すると2週間以上のまとまった休みが取れなくなります.大学の夏・冬・春休暇は君たちの人生にとりとても貴重な休暇です.長期休暇中のアルバイトや旅行は,後述する弱い紐帯を構築するうえでも効果があります.(2)特に今は円高です.自調自考自行でリスクは自分で管理して,仲間であるいは単独で,海外に飛び出すのも良いことだと思います.失敗を恐れてなにもしないのは最大の失敗です.「でそいうことをしますと,そのあとの日常の風景が,なんていうか,いつもと違ってみえるかもしれない.私にもそいう経験があります.・・・」(村上春樹,『1Q84』,新潮社,2009).
  10. 「よく学び,よく遊べ(All work and no play makes a Jack a dull boy)」:(1)勉強ばかりしている人に語りかけるもので,勉強ばかりさせて遊ばせないと子供(Jack)はだめになるという意味があります.(2)私の解釈は「学期中はよく学び,長期休暇はよく遊べ」.

 

そして,最後に次の言葉を紹介しました.

  • 2011年3月11日は,日本にとって,明治維新,太平洋戦争敗戦に次ぐ,歴史的な「第3のリセット」の日となる.もはや過去の体制には戻れないし,戻ってはならない.震災による数多くの犠牲はもとより,福島原発事故という「人災」が私たちに与えたとてつもない恐怖や今後長い年月にわたって向き合わなければならない放射能汚染という厄災を捨て石にしてはならない.(環境エネルギー政策研究所(ISEP),「無計画停電」から「戦略的エネルギーシフト」へ,,2011年3月23日).

 オリエンテーションは次の言葉で終わりました.

  • 今回の大震災を機に,私たちの各々が,心を新たに科学技術のあり方,特に情報にかかわる科学技術のあり方を自調・自考し,より良い共生社会の創世への一助となるように自らが(自分たちが)行動しなくてはならないということなんだと思います.復興は数年どころか数十年かかると想定されており,地球環境問題と少子高齢化への対応とともに「君たちの人生とは切り離せないこと」になります.自調・自考・自行が明治維新,戦後復興に続く「三度目の奇跡」を起こすことにつながっていくんだと思います.そんな時代を私たちは生きていくことになります.私たちは,幸いにもこの4月に予定どおり入学式を迎えることができました.この深い意味を忘れることなく頑張ってください.