“My English isn’t good now.”でいいんだよ

コンビニで  Amazon.co.jp: 英語は「インド式」で学べ!: 安田 正: 本 という書籍をみかけました.パラパラとめくりながら,世界で通用するジョーク「国際会議の議長にとって,最も困難なことが二つだけある.それは,インド人に口を閉じてもらうことと,日本人に口を開いてもらうことだ」を思い出しました.早坂隆さんの著作にはそれ以外も紹介されています(Amazon.co.jp: 早坂 隆:作品一覧、著者略歴).

 

さて,トロント市民に愛されているブルージェイズに属する川崎選手がいます. 野球の技術だけでなく,前向きな姿勢と諦めない姿,チームメイトを鼓舞する姿が共感を読んでいるんだと思います.彼はその姿勢や姿を,学校で習っていないような英語で表現しています.でも伝わっています.キレイな発音や正しい文法で英語を話すことはできればいいとは思いますし,そうなるような努力も必要です.それは否定しません.また,その努力の過程で学ぶことはたくさんあります.例えば英単語の歴史とかの背景知識です(こちらの方が役立つことがあります!).

一方で,話す内容さえ整理できていれば,人工知能+発音システムが話してくれる時代でもあります.次の時代は考えていることを話してくれる時代が来るかもしれません.

もうすぐシーズンが始まります.川崎選手の野球での活躍,そして彼の英語に期待したいものです.

 

sportiva.shueisha.co.jp

 

number.bunshun.jp