読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洋書とのつきあい方

コンピュータサイエンスは洋書(英語)で勉強した方が良いと思います.そもそもコンピュータの概念やその動作原理などは英語圏で生まれましたし,新しい国際的な概念は英語で発信されることが多いからです.私の経験ですが,洋書を読もうと思ったとき,次のことに注意するといいと思います.

  1. 辞書(できれば英英辞典,英文活用辞典)と文法書を徹底的に利用する(辞書は調べるものだけど,用例などを読んだ方がいいと思います).特に最初の数章を読むときには,知っている単語でも辞書をひきましょう.理由はそれ以降の章で使われる文法や単語(特に動詞,形容詞,副詞)の大多数が,最初の数章で出尽くすことが多いからです.高校時代に学んだ文法や単語の使い方も学べることになります.
  2. 単語や文法は無理して憶えようとしない.憶えなくても辞書に書いてあります.こんな時に,こんな風に使うんだということを洋書の中で確認していく.そうすれば自動的に記憶していきます.
  3. どうしてこの名詞は単数にしてるのか,あるいは複数にしてあるのかを考える.どうして名詞の前がaあるいはtheなのかを考えるようにする.
  4. 名文で説明しなくていいから,明文で説明できるようにする.