甲子園の決勝戦

 今日,平成27年8月20日(木)は第97回大会の決勝戦の日です.僕も高校球児で,愛甲(横浜)が活躍した年が高3でした.下記のインタビュー記事にある金村(報徳学園),水野(池田高校),桑田(PL学園)らの活躍は大学生になって観ました.彼らが活躍していた当時は,さぞかし猛練習をしているんだろうなと思っていました.でも実際は,池田高校もPL学園も練習時間は長くなかったようです.

 池田高校は筋力向上のために筋トレだけでなく,筋肉をつけるための食事や超回復,水分補強にも気をつかっていたようです.PL学園は全体練習を短くして,個人練習を長くしていたようです.どちらも合理的な練習です.

 さて,外山滋比古さんの『知的創造のヒント (ちくま学芸文庫)』 にこんなくだりがある(58頁).まさに超回復的な時間のようなものだ.睡眠や休息はとても重要だ!

英語には,”一晩寝て考える”(sleep it over)という成句がある.発見とか創造といった大それたことではなくても,ひと晩寝て朝になって得られる考えがすぐれたものであることを生活の知恵でとらえたことばであろう.そういえば,たかぶった感情で書いた手紙はひと晩置いてから投函せよという教訓もやはり寝て考える効用を裏付けている.

 

www.hochi.co.jp

www.hochi.co.jp

 

www.amazon.co.jp