甲子園・世界陸上,そしていよいよラグービーワールドカップ

甲子園が終わり,世界陸上が始まりました.そして9月にはラグビーワールドカップが始まります.なんかワクワクしてきます.

下記の公式サイトには,代表国のスコッド(squad)などの関するニュースが出てきています.スコッドの本来の意味は,(軍隊の)分隊や,(同じ仕事に従事する)隊,団,チームです.ラグビーのニュースなどでは,ラグビー代表チームなどの候補選手の一団のことを表現します.ラグビーの世界では,最終メンバーが選抜される前に,スコッドを集め強化合宿などをおこないます.

さて,野球は9人なのでナインと言います.ラグビーは15人なのでフィフティーンです.でも,フィフティーンは少し長い語だからなのかスコッド(squad)を使うのでしょうか.それとも,ラグビーはコンタクトスポーツなのでより強い仲間意識を表現するためなのかなと考えています.

さて,私は一度だけラグビーの練習試合に出たことがあります.タックルに来られると怖くてしかたがなかった思い出があります.でも,ボールを持つと仲間が助けに来てくれます.逆にボールを持つ人を助けに行ったりするという気分になりました.コンタクトスポーツの良いところですし,まさにOne for All, All for Oneの具現化です.

野球はエラーのカバーリングもします.投手が苦しんでいても,声では励ませるのでが,隣で代わりに投げるわけにいかないのです.でもラグビーは自分の体をはって,他者の助けることも可能です.そんなこともあって,私は野球の次に,ラグビーが好きなのです.なんと桜色の日本チームTシャツも買ってしまいました.そろそろこれを着て歩こうかなと考えています.

 

http://www.rugbyworldcup.com/news

www.worldrugby.org