読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頑張り屋さんとの再会

メキシコから来た女性に思わぬところで再会した.約10年ぶりである.彼女も私も子育てに忙しい時で,学童保育の運営で一緒だった.頑張り屋の彼女と話していると次のようなことが浮かんだ.

 

■あなたがすることのほとんどは無意味である.それでもしなくてはならない.そうしたことをするのは,世界を変えるためではなく,世界によって自分が変えられないようにするためである.

 

■後ろ向きだと歩きづらいし,疲れます.だから前向きに歩きましょう.

 

■僕の人生?何なんだろう.この答えは終わりにしかわからないらしい.でもその時,僕はぼけててそれもわからない.だから日々是好日で,エンジョイしましょう!

 

■2人,3人に嫌われても,日本には1億,世界には70億人います.忖度したりゴマすりするのではなく,時には厳しいことも言いましょう.嫌われる勇気を持ちましょう.

 

■コツコツやってもなぁと思う前に,コツコツやりましょう.コツコツやってることなんて威張ることではないけど,コツコツする人はあんまりいません.コツコツすることにはラジオの英会話を聞くとか,読書するとか,プログラムの勉強をしてみるとか,新聞や輪講本,論文に目を通すとか,わからない言葉があれば辞書をひくとか,人に話しかけてみるとか,NHKスペを観て教養を高めるとか・・・.大多数が数分以内に終わる程度のことです.これらのコツコツをするかしないかは個人の自由ですし,誰もコツコツとしているかチェックしません.でも,なんとなく世の中では,コツコツやる人やコツコツとやってきた人(=成果を出す可能性が高くなる)が結果として評価されるのだと思います.