マイナス金利と私

マイナス金利が始まった.個人とは関係ないようだが,・・・.1000円を預けても数年したら(1000+α)円となるのではなくて,数年したら(1000-α)円となるとのことである.損をするからお金を使いなさいというメッセージのようだ.

 

さてさて我々はすでにマイナス金利を実感している.例えばである.今,我々が銀行に1000円を預けても,利息はほとんど付かない.むしろ,時間外にATMでお金をおろすと,利息の数倍(下手すると10倍以上)の手数料を取られてしまう.その結果,時間外には利用しないということにしている.

 

仮に預けてもマイナスになるなら,私はモノを買うのではなく,金庫でも買って現金はそこに入れると思う.なぜならば,欲しいモノがないからである(あるけれども私の現金では,帯に短したすきに長し,である).また,昭和の頃は,買いだめなどもしたが,今はコンビニもあるから買いだめする必要もない.トイレットペーパーにいたっては,ウォシュレットの登場で,使用量(長さ)も減ってきた.新車を買ってもいいかもしれないが,ほとんどが駐車場においてあるのだから,維持費もかかるしレンタカーで十分である.円高も進んでいるので円を持っていた方がいい気もする.

 

この25年間は「不景気」らしい.その対策として,色々な経済政策がうたれている.毎年のようにである.ひょっとすると「不景気」という病気ではなくて,「他の病気」のような気がする.そうすると今までの薬は効かなくなる.そんな予感がする(よくはずれます(笑)).