「後出しジャンケンに負ける戦略」ってありか???

 後出しジャンケンとは,

後出しジャンケンとは - はてなキーワード

によると 

単に「後出し」ともいう。

ジャンケンで、相手の出した手を見た後に自分の手を出す(後出し)のは、卑怯な行為とされる。

そこから転じて、相手の出方をうかがってから主張を変える・主張の前提を後から持ち出す・過去の出来事について予測していたかのように言う・など、前後関係を無視した卑怯な議論をこう呼ぶ。

あとだしじゃんけん【後出しじゃんけん】の意味 - goo国語辞書

 1 じゃんけんで、他の人が出した後に手を出すこと。後出し。

2 成り行きをみて態度を決めたり変えたりすること。また、今後の趨勢を決めるような重大な事実があとから出てくること。「規格争いの結果を見ての生産決定は―だ」

 である.後出しジャンケンの結果は勝つはずである.

 ところがである.明日はジャンケンで勝ちたい.前日には何を出すのか決める.例えば,相手が「チョキ」を出すであろうから「グー」とした.と時間をかけて決めた.さて当日.何かの手違いで相手がコンマ数秒前(どころか数秒前に,どころか数十分前に)に「パー」を出した.それをみちゃったら「チョキ」にしないのだろうか?

 一歩譲って,「パー」にしないのだろうか.決めたことは変えられないからなどと言いながら,「グー」をそのまま出す人がなんと多いことか.

 これが日本の本質なのだろうか.日本が直面している「少子高齢化」,「経済の問題」・・・.環境が変わっても,昔決めた「グー」という手段だからとか,目標に書いた方法だからとか,すべて「グー」という手段をそのまま出している気がします.

野球でも,投手の癖を見破って前もってカーブが来ることがわかれば,カーブに対応したスイングをするでしょうに.

環境が変わったことは,CIAに頼まなくても,インターネットで公開されているような,誰もが無理しなくてもアクセスできるような情報からでもわかることが多い気がする.Whyな日々が続く.