週刊文春(2017/1/19)の「阿川佐和子のこの人に会いたい」から学ぶこと

今週の週刊文春の「阿川佐和子のこの人に会いたい」のゲストはバレリーナの吉田都さんでした.

週刊文春2017年1月19日号 | 最新号 - 週刊文春WEB

 

「テクニックばかりで表現力が伴わないので感動しない」ということを彼女の表現で語っていました.要するにテクニック/技術は何も考えずに真似すればなんとかものになる.しかし真似だけで,論理を理解せずに身につけてしまうと,表現するときに困るということでした.

プログラミングも単位を取ることは,記憶とか真似で何とかなります.記憶はハードディスクやクラウドに任せれば済みます.でも新しくプログラムや文章を書くとなると,表現力の問題が出てきます.

日頃から,記憶とか真似するのではなくて,なぜこう書くのかという理由を考えて書きましょう.これは面倒だし,遠回りと感じるかもしれません.でも急がば回れ.表現したい,新しいことを創造したい,AIやロボットに使われたくない.ならば,「小手先のテクニックばかりでなく表現力」を身につけるような習慣を作りましょう.

つまりは試験週間だけに勉強するのではなくて,毎日,なぜこうなるのかを忘れずに教科書を熟読しましょう.最初は時間がかかるかもしれません.ですが確実に肥やしになってきます.勉強の仕方が身につくわけです.