自転車をこぐことと人生について

私の人生はWith Bです.35億ではありません.

With BのBとは,私の好きなものと言いますか,フェボライト/カムフォータブル(Yazawa風)な以下のものです.

  • BaseballのB
  • Bike(自転車)のB
  • BookのB
  • Broadband(広帯域)のB
  • B級も楽しむのB(B級を楽しむにはA級を知るもマスト)
  • Boy/J. BoyのB(永遠の少年)

さて先週末,教え子の結婚式でスピーチをする機会がありました.

BikeのBにからめてこんな話をしました.他にも梅干し編,カレー編を用意していましたが,それはまたいずれかのときにとっておきます.


===
私の研究室の指導方針は,学生の趣味や特技に絡めて,語ることです.
新郎君は自転車に乗ります.そこで私が話していたこは,

  •  「自転車は漕いでいれば倒れない.どんな坂でも漕いでいればいつか乗り越えられる.」
  • 「ゴールだけをひたすら目指すのも悪くないが途中の風景を楽しむ」
  • 「自転車に乗る前に点検とご飯を.自転車にはガソリンは不要.好きなものでどこにでも行ける」

があります.研究を進めるコツも,自転車と同じで,

  • 「コンディショニングに留意する.毎日少しずつで良いから漕いでいたら遠くに行っている.途中を楽しむことも忘れずに」(「やりたいことを探す時間があるなら目の前のことをまずやってみる.そこから生まれることの方が多い.探そうとしてもやりたいことが見つかることは実はあまり期待できない」)

でした.彼は見事に実践し優秀な成績で修了することができました.

奥さんもまた自転車部に属していたことで,夫婦編/カップル編をお伝えしたいと思います.自転車のレースでは,前を走る人と,後ろを走る人が入れ替わりながら進んでいきます.先頭が風よけをし,後ろはエネルギーをためる.それを繰り返します.チームとして疲労を蓄積せず,チームの成績を良くするための知恵です.

これが夫婦関係の秘訣なのかもしれません.どうかお二人もあるときには旦那が,あるときは奥さんが前を走りながら,途中を楽しんで結婚生活をお過ごしください.
===