今更ですがムーミン挑戦

今朝といいますか,2020年1月の朝日新聞グローブ(Globe)の特集は『これから百年の「孤独」』でした. その内容は“人生100年時代となり,人類史上かつてないほど長い「孤独」な時間が,私たちを待ち受けている.当然ですがいいか悪いかは別として孤独なる時間が増えます.ひとりぼっちは寂しいと嘆くか,ひとりに楽しみを見いだすか.「孤独」と上手に付き合う術を考えました.”でした.

この特集記事には,ムーミンスナフキンの次の言葉が示されていました.

  • うん,計画はあるにはあるよ.でも,ぼくがひとりっきりでやることなんだ.わかるだろ.

  • あんまりおまえさんがだれかを崇拝したら,ほんとの自由はえられないんだぜ

男はつらいよ,寅さん語録の中では次の言葉が対応するような気がします.

  • 旅というものはな,行き先を決めてから出かけるもんじゃねえんだよ.

  • ほら,見な,あんな雲になりてえんだよ

浜田省吾の「マグノリアの小径」のフレーズ♫もっと自由でいいんだ・・・, 「恋する気分」のフレーズ♫ひとりで旅行も出来る二週間誰と話さずに・・・ともダブります.

浜田省吾男はつらいよ,20代でも知ってはいましたが,あまり熱心に聞いたり,観たりしていませんでした.いわば食わず嫌いでした. でも30代後半以降は共鳴する部分がたくさんあることに気がつきました.さて冒頭のムーミンスナフキン. 子供の頃,NHK中心家庭の我が家では「カルピスまんが劇場」の時間帯は別のチャンネルだったので,ムーミンは知らないのです. というわけで今年は下記のKindle書籍をまず購入しました.いずれも著者は下村隆一, トーベ・ヤンソン,販売は講談社. いずれ書評します.