再読『銃・病原菌・鉄』

朝日新聞 ゼロ年代の50冊 第1位『銃・病原菌・鉄』を再読する. この本の11章に突然大流行する感染症に共通する特徴が書かれている.

(1)短期間のうちに集団全体が病原菌にさらされる,(2)進行が急性であり,感染者は完全回復か重篤のいずれか,(3)感染し回復すると抗体が持つようになる,(4)人間の体の中でしか生きられない.

本当に危険なウィルスだ!

www.amazon.co.jp

人類の格差を考察した『銃・病原菌・鉄』の著者に聞く(上)|WIRED.jp

人類の格差を考察した『銃・病原菌・鉄』の著者に聞く(下)|WIRED.jp